医療事故が起きたときの対応は常に最善手を打とう

握手

医療事故と対応の仕方

医療事故に巻き込まれてしまったかもしれない

大きな病気にかかっていることがわかり、あなたは手術を受けることになりました。しかし、手術中に予期せぬ事態が起こったようで、後遺症が残ってしまいました。手術前に危険性について説明を受け、同意書にサインしたものの、納得がいきません。こんなとき、あなたはどうしますか。 医療事故であるかの判断は素人には判断が難しいこともあります。そんなときには、医療事故を多く扱う医療専門弁護士が在籍する弁護士事務所へ相談することをお勧めします。 医療事故調査から証拠保全、示談交渉も行ってもらうことができます。着手金は腸さレベルで20〜40万円程度が相場となっています。面談相談では1時間1万円程度かかりますが、予備相談は無料でできるところが多いので、まずは相談をしてみましょう。

第三者として弁護士を入れることのメリット

医療事故に巻き込まれたかもしれないと弁護士に相談すると、即訴訟になってしまうのではないかと思う方もいるかもしれませんが、調査や証拠保全をするのも弁護士が請け負ってくれます。その医療事故が訴訟レベルかどうかも弁護士が助言してくれるでしょう。 医療事故は専門的知識が必要となるため、医療専門弁護士により扱われることで、正当な判断のもと調査や示談を行うことができます。 医療行為を受けるということは、治療者である医師を信頼して行う契約事です。医療事故を防ぐためには、治療に対して不安を残さないことが大切です。万が一、医療事故に合ってしまった場合は、納得のいくまで医師から説明を受けること、それでも解決しなければ、第三者として弁護士を入れて対応するようにしましょう。

医療における事故にどう対処すべきでしょうか

自分自身や身内が受けた医療において、医療事故が起きてしまった場合、不適切だったのではないかと思うことはないでしょうか。医療のことは素人にはなかなかわかりにくい話です。しかも、薬の説明や、手術の同意書などある程度の説明は事前に受けるのが通常で、結局自己責任で医療を受けたのだから不適切も何もしょうがないと思いがちです。しかし、本当に自分だけの責任でしょうか。それを調べるにはやはり医療に関する法律に詳しい弁護士に相談するのが一番の解決策です。医師から受けた説明や同意書が、医療事故を正当化しうるかどうかということは、やはり法律に照らし合わせて弁護士が判断する必要があります。弁護士に相談することで医師が説明や同意書の範疇外の医療事故を犯していることがわかるのです。

医療事故を扱っている弁護士

医療事故を専門にされている弁護士も、医療が人間に深く関っていることもあり数多くいます。ネットで医療事故や弁護士と検索することですぐに情報を得ることができるでしょう。例えば、相談の方法や、どのような事例があったのかの事例紹介、また一番大事な費用の話など、いろいろ調べることができます。専門の弁護士さんに相談することで、それまでは泣き寝入りだったことも法律に照らし合わせて、医師側のミスを証明することができ、賠償してもらえる場合も多くなってきています。以上、自分自身や身内が受けた医療で医療事故が起きてしまった場合は、すぐに医療事故専門の弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することによって自分では想像できないような良い結末を迎えられるかもしれません。