医療事故が起きたときの対応は常に最善手を打とう

会議

事故と相談

医療事故が発生したら

急な事故や怪我、病気に見舞われたり、あるいは自身の容姿に自信が持てず、手術をしたりする方は、多様におられると思います。しかし、ひとたび手術となると、大掛かりなものでは身体への負担はたいへんなものとなります。例え小さな手術であれ、身体にダメージを与えて、疾患などを良くしたり、欠点などを克服したりするものですから、手術というものに、大きいも小さいもないと言えます。 医師はそれなりに社会的な責任を持った職業で、患者からの信頼がなければ務まりません。そんな彼らでも、同じ人間である限り、絶対に失敗を犯さないということは言い切れません。医療事故という患者にとっては考えたくもないことは、全部ではないにせよ、度々報告されているのも事実です。そんなとき患者個人や、その家族で真相究明を図ろうとも、難しいというのが現状です。

弁護士の数は非常に限られるもの

医療事故が発生したとき、患者本人や家族は、どうにかして真相を明らかにしようと、まず、弁護士への相談を持ち掛けられるかと思います。しかし、医療事故というのは、あってはならないという案件だけに、その弁護を経験したことのある弁護士というのも、非常に数が限られています。医療事故と聞いただけで、弁護をするのを敬遠する弁護士もいるくらいです。そうなるのも当然で、法廷ではさまざまな医学用語が交わされ、弁護士にも専門の医学的知識がなければ、裁判を戦うことができません。 こうした医療事故の裁判では彼らの経験値というのも試される場であるともいえ、近くの弁護士のところに行ったところで、依頼を断られるのがせいぜいです。 そんなときにいちばん親身に相談に乗ってくれるのは、医療事故専門の機関です。相談以外にも、医療事故の弁護をしたことのある弁護士の斡旋も行ってます。