医療事故が起きたときの対応は常に最善手を打とう

会議

弁護士の種類

医療事故はあってはならことでも、起きないとは限らない

人の一生のなかで、手術という場に直面することはよくある話しです。手術でなくとも薬などを医師から処方されることはしばしばあることで、人が生きていくうえで、これらの医療行為を受けることは、現在では必要不可欠であると考えられます。誰しもが医師の医療行為を受けるとき、「医者なのだから……」と、全幅の信頼を置いて、治療を施してもらうものだと思われます。 しかし、人間だれしもが間違いを犯してしまうように、医師もときには、間違いを起こしてしまうというのも事実です。医療事故という、患者からすれば、聞きたくもない事例が数多く報告されています。こうなった場合、患者やその家族はどうしたらいいのでしょう。主治医に直接事情を聞いても、納得行く答えを聞き出せなかったり、また、その行動が裏目に出て、事実の隠ぺいを図られる場合もあります。

弁護士選びの難しさについて

医療事故に見舞われた場合、医師に聞いても埒があかないという時は、大抵の患者さんならば、訴訟を検討されることだと思われますが、実はこの医療事故における裁判に関わったことのある弁護士というのは、非常に少ないのです。もっとも、あってはならない医療事故ですから、そういった案件が少ない方が社会のためでもあるわけですが、実際に被害者となった場合には解決すべき点となってしまいます。 裁判の場ではいろいろな医学用語が交わされて、公判が進んでいくので、当然、弁護士にもそういった知識が問われることとなります。それゆえ、事前の予備知識がない弁護士などは、弁護の依頼を拒むものなのです。 もしかして、医療事故かと思われたら、現在は医療事故を専門的に扱う機関がいくつも存在します。まずはそういった機関への相談からはじめてください。相談だけでなく、医療事故を扱った経験のある弁護士などを、紹介しています。